FXで天井圏や底値圏で発生しやすいインサイドバー

FXのローソク足のプライスアクションの1つに、インサイドバーと呼ばれるプライスアクションがあります。インサイドバーは、天井圏・底値圏で発生することが多いローソク足の形状で、とても分かりやすいプライスアクション1つ今回は、インサイドバーについて、説明します。

スポンサーリンク
広告(336×280)

インサイドバーとは

インサイドバーの画像

(画像1)はらみ足[インサイドバー]

1本前のローソク足(マザーバー)の高値及び安値の範囲内に、高値も安値も収まっているローソク足のことをインサイドバーと言います別名、はらみ足、あるいは、はらみ線とも呼びます。

※厳密には、はらみ足・はらみ線のローソク足の実体は、マザーバーのローソク足の実体内に収まっている必要がありますが、大きな差はないので、インサイドバーと同じものとして取り扱います。

インサイドバーは、天井圏や底値圏で発生しやすいという特徴があり、代表的なプライスアクションの1つです。

インサイドバーのローソク足実体が、小さければ小さいほど、力強いインサイドバーだと考えられます。

インサイドバーの一種の画像

(画像2)インサイドバーの一種

上の画像(画像2)は、厳密にはインサイドバーではないのですが、インサイドバーと同等に取り扱っても良いローソク足であり、インサイドバーの例外になります

本来であれば、マザーバーの高値と安値の範囲内に、インサイドバーの全ての価格がある必要があります。しかしながら、このインサイドバーの例外に関しては、底値圏においては、マザーバーの安値をほんの少しだけ割っていても問題なく、天井圏においては、マザーバーの高値をほんの少しだけ超えていても問題はありません。但し、この例外におけるインサイドバーは、ローソク足の実体が小さくなくてはいけません。

このインサイドバーの例外に関しては、1時間以内の短期足に限り、使用するのが良いと思います。

FXのチャート上にインサイドバーが発生しやすい位置

インサイドバーは、大きく分けると2ケ所で発生しますそれは、以下の2ケ所です。

  1. 天井圏や底値圏
  2. 押し目のような位置

天井圏や底値圏におけるインサイドバー

底値圏や天井圏におけるインサイドバーの画像

(画像3)底値圏と天井圏でのインサイドバー

天井圏や底値圏で発生するインサイドバーは、直近のレジスタンスやサポートがあることが前提ですが、インサイドバーの発生を以って、天井や底値の可能性が高くなったと判断できます逆に、過去最高値更新の天井や、過去最安値更新の底値の場合は、インサイドバーが形成された段階で、天井や底値の可能性が出てきたと判断できます。

上の画像(画像3)は、FXチャートを小さな波で見た時、綺麗に天井圏と底値圏で、インサイドバーが発生しているのが分かります。

押し目におけるインサイドバー

押し目でのインサイドバーの画像

(画像4)押し目でのインサイドバー

押し目のような位置で発生するインサイドバーについては、ダウ理論における押し目(押し安値、戻り高値)、移動平均線との接触位置、フィボナッチ・リトレースメントとの接触位置などで発生した場合に有効です。

上の画像(画像4)は、赤色の線で表示されている20EMA(指数平滑移動平均線)を押し目にして、インサイドバーが発生後に、下落しています。

レンジでのインサイドバー

注意したいのは、レンジのような中途半端な位置で発生した場合のインサイドバー。この場合は、上記の2ケ所よりも、インサイドバーとしての精度が落ちます。

但し、収束後に拡散してトレンドが発生するような場面でのインサイドバーは、精度が高いインサイドバーになります。

インサイドバーの本質的な話

インサイドバーの本質の画像

(画像5)インサイドバーの本質

インサイドバーは、ローソク足におけるプライスアクションの話なので、ローソク足の形状だけを覚えておけば問題ありません。

しかしながら、インサイドバーがどのように形成されたか、という本質的な部分を理解しておくと、納得した上でFXでトレードをすることができます。

上の画像(画像5)は、底値圏で発生したインサイドバーです。画像5において、ローソク足2本の値動きは、A→B→Cというような動きを取っていると考えられます。ここで重要なのは、下降してきたレートにおいて、マザーバーでBという安値をつけたにも関わらず、インサイドバーがBという安値を割らなかったということ。つまり、下げの力が止まったか、弱まったように見えるのです。従って、インサイドバーは、プライスの転換点の種のようなローソク足だと考えることができるのです。

「インサイドバー」を根拠にしたFXトレード手法

インサイドバーのトレード位置の画像

(画像6)インサイドバーのトレード位置

インサイドバーを用いたFXのエントリー手法は、至極、簡単です。

主に底値圏などにおけるインサイドバーは、インサイドバーの次以降のローソク足で、インサイドバーの高値を超えたら、ロング(買い)でエントリーします。インサイドバーの安値を割ったら損切りです。

主に天井圏などにおけるインサイドバーは、インサイドバーの次以降のローソク足で、インサイドバーの安値を割ったら、ショート(売り)でエントリーします。インサイドバーの高値を超えたら損切りです。

インサイドバーでは、T/P(利益確定ライン)を設定できませんので、利益確定のタイミングは、他のテクニカル指標で補う形になります。

インサイドバーに関する動画

インサイドバーに関する内容を動画で見たい場合は、以下をご覧ください。

【FX】簡単王道ローソク足パターン・はらみ線【初心者入門動画20】
スポンサーリンク
広告(336×280)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告(336×280)