FXの代表的なチャート分析!ゴールデンクロス、デッドクロス

FXにおける代表的なチャート分析に、ゴールデンクロス、デッドクロスという分析方法があります。特に、ゴールデンクロスという名称は、FXをやったことがある人であれば、誰もが聞いたことがある分析方法でしょう。今回は、そのゴールデンクロスとデッドクロスについて、解説いたします。

スポンサーリンク
広告(336×280)

FXにおけるゴールデンクロス(Golden Cross)

ゴールデンクロスの画像

(画像1)ゴールデンクロス

ゴールデンクロスとは、長期移動平均線を、下から上に向けて、短期移動平均線が突破した状況の事。正確には、長期移動平均線と短期移動平均線が交差した状況を指します。

ゴールデンクロスは、FXのチャート分析における代表的な買いシグナルの1つ。下降してきたレートが、上昇に転じたことを意味します。短期移動平均線が右肩上がりで、その角度が急であるほど、綺麗な形状のゴールデンクロスになります。

上の画像(画像1)においては、長期移動平均線である75SMA(単純移動平均線)を、短期移動平均線である20SMAが上抜けした部分が、ゴールデンクロスになります。

ゴールデンクロスを根拠にトレードをする場合

画像1において、ゴールデンクロスが発生していますが、ゴールデンクロスが発生した時のレート(画像1におけるAの部分)でロング(買い)のエントリーを仕掛けます。

画像1は、ドル円の日足のチャートになりますので、ゴールデンクロスが形成された翌日もしくは翌々日にエントリーすることになるでしょう。

ゴールデンクロスを根拠にロングを仕掛けた場合、短期移動平均線が長期移動平均線を割り込んだら、決済します。ここでの決済とは、利益確定の場合、損切りの場合、両方を指します。

FXにおけるデッドクロス(Dead Cross)

デッドクロスの画像

(画像2)デッドクロス

デッドクロスとは、長期移動平均線を、上から下に向けて、短期移動平均線が突破した状況の事。正確には、長期移動平均線と短期移動平均線が交差した状況を指します。

デッドクロスは、FXのチャート分析における代表的な売りシグナルの1つ。上昇してきたレートが、下降に転じたことを意味します。短期移動平均線が右肩下がりで、その角度が急であるほど、綺麗な形状のデッドクロスになります。

上の画像(画像2)においては、長期移動平均線である75SMA(単純移動平均線)を、短期移動平均線である20SMAが下抜けした部分が、デッドクロスになります。

デッドクロスを根拠にトレードをする場合

画像2において、デッドクロスが発生していますが、デッドクロスが発生した時のレート(画像2におけるAの部分)でショート(売り)のエントリーを仕掛けます。

画像2は、ドル円の日足のチャートになりますので、デッドクロスが形成された翌日もしくは翌々日にエントリーすることになるでしょう。

デッドクロスを根拠にショートを仕掛けた場合、短期移動平均線が長期移動平均線を突破したら、決済します。ここでの決済とは、利益確定の場合、損切りの場合、両方を指します。

ゴールデンクロスやデッドクロスのFXにおける移動平均線の設定

上記の通り、ゴールデンクロスやデッドクロスには、短期移動平均線と長期移動平均線を使います。ここで気になることと言えば、短期移動線と長期移動平均線のパラメータ。結論から言えば、正解はなく、ご自身の好みで設定していただければ構いませんが、一例をご紹介します。

世間一般で使われている設定

以下は、よく使われる移動平均線の設定です。

ゴールデンクロスやデットクロスは、元々は株式相場から発生したチャート分析なので、株式相場の名残があります。株式とFXではトレードできる時間帯が異なるので、本来であれば設定を変えるべきかと思いますが、以下の設定でも十分機能します。

時間足短期移動平均線長期移動平均線
週足13SMA26SMA
日足(有名な設定)50SMA200SMA
日足20SMAもしくは25SMA75SMA
4時間足以下20SMA75SMA

個人的によく使う設定

FXノート247の著者である私の場合、全ての時間足において、短期移動平均線は20EMA、長期移動平均線は75EMAの設定でチャート分析をしています。

EMA(指数平滑移動平均線)は、SMAに比べて、直近の価格を重視しているため、ゴールデンクロスやデッドクロスが早く反応する傾向があります。

ゴールデンクロスやデッドクロスの欠点

ゴールデンクロスやデッドクロスは、FXのトレードにおいて優位性はあります。また、トレンドが発生する場合は、利益を乗せやすい傾向にあります。

しかしながら、ゴールデンクロスやデッドクロスには、大きく2つの欠点があります。

1つ目の欠点は、短期の時間足に弱いということ。短期の時間足においては、移動平均線の設定にもよりますが、頻繁にゴールデンクロスやデッドクロスが発生します。確かにゴールデンクロスやデッドクロスが発生していますが、FXのトレードという観点で見ると、利益が取りにくいという問題があります。

2つ目の欠点は、レンジに弱いということ。レンジ帯の場合、ゴールデンクロスやデッドクロスが頻繁に発生します。レンジは、一定の値幅を行ったり来たりする相場を指すため、レンジ帯においては、ゴールデンクロスやデッドクロスを根拠にしたエントリーは、頻繁に損切りに合います。

従って、FXの実践では、ゴールデンクロスやデッドクロスのみを根拠にしたトレードは難しく、他のテクニカル分析を組み合わせてトレードするのが良いでしょう。

ゴールデンクロスやデッドクロスに関する動画

「ゴールデンクロスやデッドクロス」に関する内容を動画で見たい場合は、以下をご覧ください。

【FX】ゴールデンクロスとデッドクロスだけのトレードはやらない方が良い
スポンサーリンク
広告(336×280)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告(336×280)