FXにおけるローソク足について

FXのチャートを表示する時、多くの方は、ローソク足でチャートを表示していると考えられます。FX市場に参加している人達の損失が、己のFXの利益に繋がると言っても過言ではないため、多くの方が見ているであろうローソク足を分析することは重要だと言えます。このページでは、FXのローソク足に焦点を絞った上で、解説いたします。

スポンサーリンク
広告(336×280)

ローソク足とは

ローソク足のチャートの画像

(画像1)ローソク足のチャート

ローソク足とは、特定の期間における為替レートの値動きを表現した図。その形状が、誕生日ケーキなどで使われる蝋燭(ロウソク)の形に似ていることから、ローソク足と呼ばれるようになりました。

ローソク足は、日本で考案されたものですが、海外でもCandle Chart(キャンドルチャート)という名称で広く認知されているチャートです。

上の画像(画像1)が、ローソク足で表示したチャートであり、世界中の多くのFXトレーダーが、ローソク足で表示されたチャートを見て、FXを行っています。

ローソク足の実体とヒゲの画像

図2(ローソク足の実体とヒゲ)

ローソク足は、「実体」と呼ばれる部分と、「ヒゲ」と呼ばれる部分で構成されています。「実体」が存在しなかったり、「ヒゲ」が存在しないローソク足も稀に存在しますが、原則として、ローソク足には、「実体」と「ヒゲ」があると考えてください。

上の画像(図2)をご覧ください。図2のように、長方形で表された部分をローソク足の実体と呼び、ローソク足の実体から先端に出ている直線をローソク足のヒゲと呼びます。

上側のヒゲを上ヒゲと呼び、下側のヒゲを下ヒゲと呼びます。また、上ヒゲの一番上の部分や下ヒゲの一番下の部分を、ヒゲの先端と呼びます。

ローソク足の意味

画像3(ローソク足の意味)

ローソク足には、陽線(ようせん)と呼ばれるものと、陰線(いんせん)と呼ばれるものがあります。

例えば、1時間足(1本のローソク足が1時間の値動きを表したもの)があるとします。スタートのレートを始値(はじめね)と言い、59分59秒後の価格を終値(おわりね)と言いますが、始値よりも終値の方が高い場合を陽線と呼び、始値よりも終値の方が安い場合を陰線と呼びます。

上の画像(画像3)をご覧ください。ローソク足とは、上ヒゲの先端がその時間足の高値、下ヒゲの先端がその時間足の安値を指します。陽線の場合、ローソク足の実体の下限が始値、上限が終値。陰線の場合、ローソク足の実体の上限が始値、下限が終値になります。

このことから、ローソク足を見れば、その時間足の始値・終値・高値・安値が分かるのです。

ローソク足の値動きの画像

画像4(ローソク足の値動き)

ローソク足は、始値・終値・高値・安値を示したもので、この4点の価格をつけたことしか分かりません。

しかしながら、対象のローソク足を見れば、ある程度の値動きを予測することが可能です。もちろん、複数の値動きのパターンがありますが、上の画像(画像4)で言えば、緑色の線で表示したように、始値から安値まで下がり、その後に高値を付けて終値まで落ちたと考えるのが自然です。

ローソク足の呼び方

ローソク足は、特定の期間の始値・終値・高値・安値を表したものです。この特定の期間によって、ローソク足の呼び方が変わります

「期間+足(あし)」というルールに基づきます。即ち、期間が15分であれば15分足、期間が1時間であれば1時間足になります。

期間MT4やMT5上の表記時間足の名称(ふりがな)
1分M11分足(いっぷんあし)
5分M55分足(ごふんあし)
15分M1515分足(じゅうごふんあし)
30分M3030分足(さんじゅっぷんあし)
1時間H11時間足(いちじかんあし)
4時間H44時間足(よじかんあし)
1日D1日足(ひあし)
1週間W1週足(しゅうあし)
1ケ月M1月足(つきあし)

※MT4やMT5におけるデフォルトの設定では、上記の期間でチャートを表示するため、このような時間足の呼び方になります。ちなみに、8時間チャートにおけるローソク足であれば、8時間足という呼び方になります。

FXにおけるローソク足のパターンと分析

ローソク足の種類の画像

(画像5)ローソク足の種類

FXのチャートに登場するローソク足には、いくつかのパターンがあります。これら、ローソク足のパターンは、チャートから為替レートの値動きを予測する上で、重要な手がかりになります。

名称特徴分析
大陽線ローソク足実体が長い陽線買い勢力が相当強い。
大陰線ローソク足実体が長い陰線売り勢力が相当強い。
下影陽線ローソク足実体が短く、長めの下ヒゲがある陽線買い勢力がかなり強い。
安値圏で出現すると、上昇に転じる可能性がある。
下影陰線ローソク足実体が短く、長めの下ヒゲがある陰線買い勢力が強いが、上値が重たい。
安値圏で出現すると、上昇に転じる可能性がある。
高値圏での出現はやや注意。
上影陽線ローソク足実体が短く、長めの上ヒゲがある陽線売り勢力が強く、上値が重たい。
上影陰線ローソク足実体が短く、長めの上ヒゲがある陰線売り勢力がかなり強い。
高値圏で出現すると、下落の危険性がある。
小陽線ローソク足の実体もヒゲも短い陽線買い勢力の方がやや優勢だが、価格は収束している。
小陰線ローソク足の実体もヒゲも短い陰線売り勢力の方がやや優勢だが、価格は収束している。
十字線ヒゲはあるが、ローソク足の実体が(ほぼ)ないもの買い勢力と売り勢力が拮抗している。
転換する可能性がある。

※FXにおけるローソク足のパターンと、株におけるローソク足のパターンには、若干の違いがあります。株式売買においてよく発生するローソク足パターンであっても、FXにおいてはほとんど発生しないローソク足パターンがあるからです。代表的な例としては、FXにおいては、ヒゲがないローソク足は発生しにくい傾向にあります。この一覧は、FXにおいて重要だと考えられるローソク足パターンのみを表記しています。

FXは、ローソク足だけを見てトレードすることは、オススメしません。しかしながら、何かの判断基準の1つとして、ローソク足を見ることは良いことだと考えます。

ローソク足以外の主なチャート

バーチャートの画像

(画像6)バーチャート

欧米では、バーチャートと呼ばれる表示方法もよく使われます。ローソク足と同じように、始値・終値・高値・安値の4つの価格を表示することが可能です。上の画像(画像6)は、バーチャートで表示したチャートです。

ラインチャートの画像

(画像7)ラインチャート

また、ラインチャートと呼ばれるチャートも有名です。上の画像(画像7)において、緑色の折れ線部分が、ラインチャートになります。

ラインチャートは、為替レートの推移を直感的に見ることができますが、ローソク足やバーチャートに比べて、情報量が少ない傾向にあります。

ローソク足に関する動画

「ローソク足」に関する内容を動画で見たい場合は、以下をご覧ください。

FXのローソク足の基本パターン【初心者入門動画25】
スポンサーリンク
広告(336×280)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告(336×280)