FXの口座凍結における真実

FXをやる上で、よく話題になることといえば、FXの口座凍結です。口座凍結は心配を煽る代表的な言葉ですが、口座凍結が存在するか否かは、実際に口座凍結を経験をした人しか分かりません。このページでは、FXの口座凍結に関して真実をお伝えします。

スポンサーリンク
広告(336×280)

最も一般的なFXの口座凍結

あまり意識していないと思いますが、多くの方がFXの口座凍結を経験しているはずです。

日本のFX業者の口座では、このような事例は少ないかと思いますが、海外のFX業者の口座の場合は、追加のFX口座をワンクリックで持てることが多いです。

「90日間売買がない口座は5USDの口座維持手数料がかかる」「残高に口座維持手数料がなかった場合は、口座を凍結する」という類の規約を設けている場合があり、気づかないうちに管理画面からFX口座が消えていることが、しばしばあります。

つまり、この場合は、FXの口座凍結が行われています。

巷でよく騒がれているFXの口座凍結

「スキャルピングをやりすぎて口座凍結になった」とか、「土日の窓開き狙いで、片方の口座でレバレッジ全開のロング、片方の口座でレバレッジ全開のショートをしたら、口座凍結になった」という話をよく聞きます。

これらの場合、各FX会社が定める規約違反により、口座凍結になっている可能性が高いです。

スキャルピングについては、過去に私も数えきれないくらい行っていますが、1回も口座凍結になっていないどころか、警告すらきたことはありません。しかしながら、スキャルピングを禁止しているFX会社があるのも事実です。

必ず、利用規約を熟読した上で、FXをするようにしましょう。

実際に経験したFXの口座凍結

以前、私は、あるFX業者のシステムの穴をついたFXの手法を編み出しました。もちろん、運営会社にメールで問い合わせた上で、承諾を得てその手法を使っていました。

1人当たりの得られる利益には上限があったため、知人数名にその手法を教えました。その際、ルールを敷いたのですが、その中の1名がそのルールを破りました。そのルール破りとは、同一名義で複数口座を作り、得られる利益を増やすというものでした。

しかし、ある時、そのルールを破った人物に対し、運営会社から注意が来て、強制的に保有ポジションを解除させられ、後日、口座凍結になりました。

同じ手法を使っている私に対しては、注意も警告もありませんでした。

上記が、口座凍結に関する真実です。FX会社の規約を読んだ上で、規約違反による口座凍結にならないように、トレードすることをオススメします。

口座凍結に関する動画

FXの口座凍結に関する内容を動画で見たい場合は、以下をご覧ください。

FXの口座凍結について思うこと
スポンサーリンク
広告(336×280)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告(336×280)