チャートにおける大衆心理

FXや株や仮想通貨をトレードする上で、最も重要なことの1つに、「大衆心理を読み解く」というものがあります。FXであれば、今チャートを見ているその瞬間にも、そのチャートの向こう側では、世界中の人達がいるからです。チャートとは、大衆の考えの集約と考えるべきなので、チャートにおいて参加者が何を考えてトレードしているかを考えながら、トレードをするのが正解なのです。

スポンサーリンク
広告(336×280)

参加者の思惑の表れがチャートを形成する

チャート内の心理状況の画像

FXや株など、チャートを形成するものには、様々な参加者がいます。

株などの取引を生業としている個人投資家、GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)などの機関投資家など、様々な人達が、様々な思惑をもとに投資します。ただ、ほとんどの人達は、利益を出すことを目的に参加しています。

この利益を出すという目的が重要。つまり、損失は極力抑えたいため、参加者のほとんどは損切りを設定した上で投資を行っています。

上の画像(図1)をご覧ください。

参加者の多くが「買いポジション」を持って、価格が上昇してきました。左側の青丸に達すると、「買いポジション」を持った人達の利益確定が始まります。「買いポジション」の利益確定は、売りを意味するため、ここで「売りと買いが拮抗」するのです。

この後、「売り勢力が勝利」すると、価格は下落。すると、先程から「買いポジション」を持っていた人達は、購入価格よりもやや高いところで利益確定をするため、ずるずると価格は下がっていきます。もちろん、新規で「売りポジション」を持つ人達も出てくるので、価格は下落します。

次に、ある一定の価格まで下がってくると、先程新規で売りポジションを持った人達が利益確定をしてきます。「売りポジション」の利益確定は買いなので、ここでも売りと買いのバトルが発生します。それが右側の青丸部分です。

ここで、「買い勢力が勝利」しました。すると、先程「売りポジション」を持った人達が、ショートした価格よりもやや低い場所で利益確定をします。「売りポジション」の利益確定は買いなので、価格は上昇します。同時に、新規の買いが入ってきます。

最後に、売りポジションをまだ決済していない人達は、点線部分より上に損切りラインを引いていることが多いため、損切り時に価格が上昇するのです。

このように、チャートを見ただけで、参加者の考えが手に取るように分かるのです。

実際のチャートにおける大衆心理の見方

チャートに隠された大衆心理の画像

上の画像(図2)をご覧ください。

これは、2019年1月9日~1月12日におけるGBP/JPY(ポンド円)の15分足チャートです。単なるローソク足のチャートですが、チャートを見れば、そこに参加している人達の気持ちを読み解くことが可能です。

まずは、買い目線の人達の立場になって考えてみましょう。

買い目線の人達は、ダウ理論での転換サインである青色の丸部分の少し上にて、買いのエントリーを行うと考えられます。

次に、売り目線の人達の立場になって考えてみましょう。

Bでショートのポジションを持った人達は、直近の高値であるXの少し上に損切りラインを置いている可能性が高いと考えられます。

Aの部分でショートのポジションを持った人達であれば、15分足ではダウ理論としては下落なので、Xの少し上に損切りを置いているか、Yの少し上を損切りラインに設定していると考えられます。

つまり、青色の丸部分の価格を超えた時、売りポジションの人達の損切り(つまりは買い)と新規の買いが重なり、価格が急騰したのです。

このように、実際のチャートを見れば、その時の参加者の心理状況を読み解くことができますし、逆に言えば、実際のチャートにおいて、どの位置にストップが溜まっていて、どの位置を超えると価格が動くかという予測を立てることが可能になります。

トレードする時は大衆心理を必ず考える

いついかなる時であっても、チャートの向こう側で、あなたと同じようにチャートと向き合っている人達がいることを考えながら、FXなどのトレードをしなければなりません。

FXとは、9割以上の人達が退場すると言われていますが、その狭き門の中でも勝ち続ける人は存在します。

そして、勝ち続けている人が、過去のチャートを形成してきた主役であり、その人達は現在のチャートの向こう側であなたと同じようにチャートと向き合っています。

つまり、過去のチャートで出現した傾向は、現在のチャートでも適用でき、未来のチャートを予測する術になっています。

その予測と、更には、チャート内で起こっている大衆心理を組み合わせれば、トレードは有利になります。

テクニカル分析を覚えるのも良いですが、まずは、大衆心理について、理解をするのがスタートラインだと私は考えます。

スポンサーリンク
広告(336×280)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告(336×280)