FXノート247について

FXノート247をご覧いただき、誠にありがとうございます。当サイトに関する内容になりますので、一読いただければと思います。

FXノート247の内容について

FXノート247では、FX(外国為替証拠金取引)に関することを主として、為替トレードに役立つ情報を配信していきます。同時に、 金や原油などのコモディティ、日経225やUS30や仮想通貨など、 チャートが形成される金融商品であり、且つ、取引量が一定数以上あるものに関して、情報配信を行っていきます。

そういったコンセプトのため、FXに関することを書き留めるという意味で、FXノート247(FX note247)というサイト名にしました。ちなみに、247とは24/7のスラッシュを省いたものであり、24時間週7日チャートは動き続けているという意味を指します。

テクニカル分析かファンダメンタルズ分析か

スキャルピングやデイトレードの場合、原則として、ファンダメンタルズ分析は考慮せず、テクニカル分析を主体とします。スイングトレードの場合、ファンダメンタルズ分析は多少考慮します。ファンダメンタルズ分析は、人によって捉え方が変わりますし、ファンダメンタルズ分析のみでトレードをすると、結果が伴わなかった経験があるため、テクニカル分析を重視します。

ただし、凄く大きな事件が発生した場合は別です。例えば、アメリカ大統領選挙やEU離脱と言ったように、その国の今後の転換点になるような事件が発生した場合は、テクニカル分析以外にファンダメンタルズ分析を入れて、検証するべきだと思います。

筆者について

筆者は、1980年代生まれの男性です。

21歳の頃から金の先物取引を始めて大きな利益を出し、20代前半にはそれなりの金額でFXや株の売買も経験しました。ただ、大学生の頃から経営していた会社の事業に集中するため、金の先物以外の投資は中断。後に、会社経営よりも投資の方が効率的に利益を上げられると考え、FXを再開しました。

FXを再開した最初の頃は、コツコツ勝っては大きく負けるというトレードを繰り返していたため、1日のほとんどの時間をチャートに向き合ったり、チャートの勉強もかなりしました。凄く悩んだ時期もありました。

しかし、現在は自分なりのトレード手法を確立したこともあり、香港に移住したり、海外を転々としたりして、FXなどのトレードを楽しんでいます。同じような悩みを持った方々に向けて、ヒントになれば良いという想いと、自身の考えをノートにまとめておきたいという観点から、このFXノート247を作りました。

スポンサーリンク
広告(336×280)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする